カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

今日も雨降り

子供の頃からずっと乗り物は苦手。ただ鉄道だけは別で何時間でも乗っていられました。
それが今は苦痛なだけ。他の乗り物は言わずもがな。
自分でも自分に何が起こっているのかわからない。
例えるなら突如お箸が使えなくなってしまったようです。

「おかしいな」
と自覚してから、医者に行こうと決意するまで1年以上かかりました。
その後、内科・耳鼻科・婦人科・民間療法、いろいろ行ったけれど異常なし。
そんな調子で8ヶ月程過ぎたあたりから注意力散漫、やたら泣く、といった症状が表れてきました。
今思うと立派な「鬱状態」。

ホームページを見まくり、これだ!と確信したのが「パニック障害」

24歳の時に受診した心療内科へ行きたかったけど、新患は2年待ちとの評判。
別の良さそうな医院を受診して、始めて「パニック障害」の診断が下りました。
処方されたのは「パキシル」
インターネットで検索すると怖いことが沢山書いてある。飲めない
で、次の医院へ行ったけれど相性がイマイチ。
すがる気持ちで「2年待ち」の心療内科へ電話すると、過去に受診した人はすぐ見てくれるとの事。
「3週間後でもいいですか?」
「もちろんです。お願いします。」

泣きました。
うれしいのと、早く電話すれば良かったという後悔とで。

昔と同じお医者さん。診断は同じく「パニック障害」
パキシルは嫌だと言うと、これも特効薬ですよと別の薬が出ました。抗鬱剤も一緒に。
それが去年の11月で現在も通院中。
20060914191107.jpg
この薬ケースが今の私を生かしてくれています。なぜかネックレスも入ってます。

カルテが24歳の続きに継ぎ足されていくのが、私を分かってくれていて心強いです。
でも、その表紙が黄ばんでいたのが悲しいです。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。