カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港の旅・おまけ

 2
 0
217 (9)

漢字がわかるからこそ「おおっ!」という光景に随所で出くわした。
「隧道」。日本ではトンネルを指すけれど、地下道もトンネルに違いないな~と納得。

217 (16)尖沙咀・小心地滑-1

日本だと「足元が滑りやすいのでお気をつけください」というところか。
「地滑」のインパクトが日本人には大きく、他の日本人観光客も激しく反応していた。

217 (77)

100均ならぬ10均ショップ。「JUSCO」ってことは、やはり日本的発想??

218 (242)彌敦道

ネイザンロードに大戸屋があった!

217 (121)

「あたしんち」。広東語吹き替え版での「母」の口調が気になる。

218 (178)

理髪は広東語でも理髪なんだ・・・

218 (25)

「禁止」ではない、「厳禁」である。キビシイ。

218 (150)

「法律追究」なんて書かれると怖くて貼れない。

218 (55)

香港の電子マネー「オクトパス」のチャージ機案内掲示。
「チャージ」より「増値」のほうが日本人、特に外来語が苦手な高齢者にわかりやすい気がする。

217 (243)安全

何となく意味がわかってしまう工事現場の安全十ヶ条。

中国本土と違い簡体字でないので殆どの漢字が読めるし、おおよその意味もわかる。
ただし、意味がわかっても発音できない。例えばメニューを指差せない場合など非常にもどかしかった。
「紙に書けば良かったんだ!」と気付いたのは、帰りの飛行機の中だった(爆)

-2 Comments

There are no comments yet.

kincyan  

中国は、漢字(略字でも)で何となく意味がわかって、微妙に面白いですね。
こういう感じは女性に受けるかもしれません。韓国なんかはハングルが
読めないので、風景は日本的なんだけど、異次元にいる感覚がします。

2011/04/27 (Wed) 05:06 | EDIT | REPLY |   

まろの  

v-20kincyanさま
漢字には字そのものに意味がありますからね!
この面白さがわかるのは漢字文化に暮す人の特権といえるかも(^^)
言葉の通じない街に居ながら異次元な感が無いのは、
漢字と左側通行だからでしょうか。
(右側通行の違和感はかなり大きいです!)

2011/05/02 (Mon) 16:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。