カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分らしくあるために

 3
 0
画像5 097

体験したことのない揺れ、繰り返す余震、原発の恐怖、停電、
それらを自宅で一人で受け止める・・・・・。
パニック障害のせいにするわけじゃないけれど、私の心の限度を超えてしまった。
診療内科の主治医に電話で相談したところ実在する不安に薬は効かない、
少しの間でいいから東京を離れるのが良いとのこと。

皆ここで頑張っているのに、私が弱いばかりに・・・
罪悪感を感じながらも、自分を立て直さないと頑張れないと、
連休の間だけ、たまたまホテルがとれた浜松へ行きました。

何の準備もなく飛び乗った新幹線で着いた浜松、初めての土地、右も左もわからない。
でもあふれる活気に救われた。駅前での赤十字と静岡大学の募金活動が嬉しかった。

ホテルの部屋で持参したノートパソコンをつなぎ、餃子が有名な事、
弁天島というところに日帰り温泉があると知った。
地震以来初めて食事が美味しく感じられた。ゆっくりお風呂に入った。
それでも常に地震と原発のニュースはチェックしていたし、緊張も解けず、
心の底から笑うことは出来なかった。

帰りの新幹線、出来れば西へ行きたかった。満席の客は誰もが黙りこくっていた。
そして今日、自宅で一人で過している。余震も何度かあった。
それでも浜松へ行く前よりは元気で居られる。
浜松の街と活気に感謝します。ありがとう。

原発に立ち向かっている作業員の皆様、本当にありがとうございます。
全ての人々の無事と事態の収束を祈り続けています。

-3 Comments

There are no comments yet.

ぐっさん。  

浜松!! ・・・ もう帰って来ちゃったんですね。浜名湖1周80kmのポタリングも楽しいですし、ここが魚が美味しくてオススメです。
http://www.hotpepper.jp/strJ000763488/

関東はストレスがたまります。余震、買い占め、ガソリン不足、放射能、会社再建の不安、会社の友人(ケータイ知らない人)の精神的な安否… 元気な俺でも背負いきれません。でも旅をすると不謹慎だと言われることもあるが、俺が今 元気に地震と戦えているのは、震災直後に確かに無茶な旅でしたが浜松に行って色んな心と触れてきたからだと思っています。

そんな俺は、元浜松市民&静岡大学OB ぐっさん。でした。

2011/03/23 (Wed) 01:29 | EDIT | REPLY |   

ゆるポタ  

恐怖を感じる所に居座り続ける事を勇気とは言わないと思います。
ましてや自由に動ける環境にあるのなら、休みに何処に行こうが、何の問題もないですよ。
知らない環境の中、色んな物や人から元気を分けてもらおうと、
行動する事こそ勇気と言うかもしれません。

普段の経済活動に戻る事が、被災地復興に繋がると言う話しを聞き、私もブログを再開しました。
一番疑いの目で見ていたアメリカでさえ、原発は危機的状況は脱したようだと発言しています。
頑張りましょう。

2011/03/23 (Wed) 22:57 | EDIT | REPLY |   

おかちまち  

余震と災害のTVばかりで、自分ももかなり参っています。
三連休は異様に疲れてひたすら眠っていました。

地震と原発のニュースばかり見ない方が良いですよ。冷静でもずっと見ていると
心がネガティブよりになってしまいます。
バラエティとか映画とか見て自分を休めてあげて下さいね~。


2011/03/24 (Thu) 07:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。