カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

 2
 0
画像5 095

初詣は中山法華経寺へ行った。
猫を撮りに行ったり喫茶店へ行ったり、何度も訪れているが初詣は初めて。

何処かへ退散していると思いきや、あふれる参拝者をものともせず、
「自分の場所」で過す猫たち。
しかしながら、あまりの撫でられっぷりにくつろぐことも出来ず、なんだか迷惑顔。

画像5 105

本堂の隣の小さなお堂の猫は、人混みを尻目に「やさぐれた」様な目をしている。

画像5 106改

法華経寺では11月から2月までの100日間、大荒行が行われている。
見よ!この日課を!

荒行堂で偶然、荒行の一部を垣間見ることが出来た。
薄手の衣一枚、裸足、伸びだヒゲ。足の爪に白いテープが貼られていたのは、爪を傷めたのか。
この寒い最中の荒行、僧達は何を得ようとしているのだろう。
煩悩三昧の生活を送っている私にわかるはずもなく(^^;
ただ何となく、猫はすでにそれを持っているような気がする。
だから人混みをものともせず、境内にドンと構えているのだろう。

何だか猫達の顔が「高見の見物」を決めこんで「人間って難儀な生き物だニャ~」
と言っているように見えてきた。

-2 Comments

There are no comments yet.

ゆるポタ  

No title

なんすか、この日程は(^_^;
寝る前に水行して、睡眠時間3時間で、また水行ですか・・・
これを100日続けると・・・
猫も呆れるでしょうね(^^ゞ
良かった凡人で(爆)

2011/01/05 (Wed) 18:16 | EDIT | REPLY |   

まろの  

No title

v-17ゆるポタさま
かなり厳しい荒行とは聞いてましたが、人間業じゃないですよね。
毎年脱落者が出て、時折亡くなる方もいるとか・・・
こんな寺の境内の猫ですから、そこらの猫とは訳が違いそう。
写真を撮ったりナデナデするだけでご利益がありそう。ありがたい、ありがたい(爆)

それにしても、無事荒行を終えて欲しいものです。

2011/01/05 (Wed) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。