カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開き直りとTV番組

 7
 0
デプロメール・パキシル・ジェイゾロフト。三連敗です
やっと副作用の動悸も治まってきました。
ちょっと情けない気もしますが、ここまでヘロヘロになると「ダメなものはダメ」とかえってスッキリしました。

「頑張るべきだよ」と言っていたダンナも副作用のキツサに、それ以上「飲め」とは言わなくなった。
どころか、
「もう必要のない身体なんじゃない?」と言い出した!

この一言は効きましたねー。先日のお医者さんの言葉より効いたかもしれない。

副作用に対しては的外れな言葉かもしれないけど、そういう考え方もあるなー。
「必要が無いから副作用も強い」と、こじつけでも、そう思ったら病気に対して気が楽になりました。

「パニック障害でも元気ならいいじゃん。出来ないこともあるけど、出来ることが一杯あるからいいじゃん。」
「いつかまた発作が起こるかもしれないけど、大きいのは来ないに決まってる。もし来ても、その時考えよう。」
開き直ったのかな?
治らなくてもいい、なんて思ってませんよ。今までの「治さなきゃ!」っていう焦りが無くなって、そのうち治るからそれまで上手に付き合おうという余裕が出来た感じです。

今日は休みだったので昼間ボ~っとTVを見ていたら、NHKの「ためしてガッテン」で「高所恐怖症を克服する」というのをやっていました。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2007q4/20071212.html

大丈夫!と不安を押さえ込もうとすると、押さえ込むためにわざわざ不安を確認してしまい、ますます不安が強くなるのが脳のしくみ。
でも不安が沸いてきちゃうのは事実。
その不安に向き合って、不安が鎮まる体験をすると次が平気になっていく。


あれ~、これっていつもお医者さんに言われてる
「自分が出来ることより少し辛いことに挑戦して!」「辛くても通勤を続けて!」
と同じことじゃないの!!

エクスポージャー(暴露療法)って単なる慣れじゃないんだ。挑戦して体験することに意味があるんだ。いつも平気な事をしていたから私の不安が消えずにいたんだ。

治る道筋が見えた気がしました。のんびり治していこう!

-7 Comments

There are no comments yet.

OS2男  

ためしてガッテン 観ましたよ

あぁソレ観ました。

成る程なぁと

それから

良い旦那さんですね。

どんな専門家のありがたい言葉よりも、普通の人の普通の言葉がかえって胸に響く事ってありますよね

たぶん旦那さん

”なにか”を持っているのではないでしょうか?

2007/12/17 (Mon) 19:25 | EDIT | REPLY |   

御徒町  

ダンナの意見に賛成!
私の周りでも、薬を信用しすぎて、副作用で体調悪くしている人結構います。

自分のキャパ越えてしまったのが原因ですから、元のキャパにもしかしたら戻れないかもしれません。でも、アセって元に戻すより、今の自分と向き合って「今の自分にとって大切な事」が第1だと最近思ってます。

大体元のキャパ深くっても、自分にとってどんだけの幸せかわからないし~。

ううん、文章表現難しいですが、「昔はこれだけ出来た。」なんて意味無いですよ。「今の自分」が一番だと思います。

・・・・と、私は自分の症状をみて言い聞かせています(笑)・・・

2007/12/18 (Tue) 21:04 | EDIT | REPLY |   

まろの  

v-354OS2男さま

いやあ、おそらくダンナは
「いい加減にしろ。旅行に行きたいんだよ」ってところでしょうか(笑)
まあ、本心がどうであれモノは考えようですね。
都合よく考えた方が物事上手く行くことが多い気がします。
なのでダンナの言葉を鵜呑みにすることにしました(^^;


v-354御徒町さま

賛成ですか(笑)
でも、そのとおりですよね。副作用はあなどれない。

>「昔はこれだけ出来た。」なんて意味無いですよ。
そうですね!あの頃と比べちゃうから苦しくて仕方が無いんですよ。
今出来ることをやって、それで幸せと思えれば、病気の方から去っていく気がします。今の自分を一番と思うのはすっごく良い事ですね!

2007/12/18 (Tue) 22:12 | EDIT | REPLY |   

ころれれ  

三連敗でしたか・・
でも旦那さんの言うように薬が必要ない体になってるのかもしれないですよね。
自分は以前に、薬を飲み始めて調子が良い状態が1年くらい続いてたんですが、
あるときから突然副作用的な症状が出るようになったことがあるんですね。
それを医者に話したら 「じゃ、もうその薬はいらないね」 といわれた事があったんです。
その時は理由を聞くのを忘れてしまってたんですが、
今思えば薬がいらない状態になってたんじゃないかなって思うんです。

>そのうち治るからそれまで上手に付き合おうという余裕が出来た感じです。
そうそう、そうですよ。
だって必ず治るんですから!

2007/12/18 (Tue) 23:33 | EDIT | REPLY |   

まろの  

v-354ころれれさま

三連敗ですv-356こればっかりは仕方ないですね・・・・

昔、不安神経症になった事があって抗鬱剤飲んでたけど、同じ経験しましたよ(突然の副作用)。そして「もうその薬は要らないね」と言われました。
SSRIが合わないっていうより、身体が「SSRI飲むほど悪くないよ!」と言ってるんだと思うことにしました。
とりあえず前向きに考えちゃおう(^^)/

SSRI飲まなくても治るって言われてるし、事実ここまで良くなったしね。
治るスピード競っても意味がない。マイペースで行きますー!

2007/12/20 (Thu) 22:37 | EDIT | REPLY |   

ぐっさん。  

何というか、薬が合わないなら、これは正しい治療法じゃないと思うことも大事ですね。何と言っても目先を変えることが大事だと思います。病気を克服する 治療するというよりは、うまく付き合っているうちに直すというか。そういう風になれば いいんじゃないかと思います。

2007/12/21 (Fri) 23:12 | EDIT | REPLY |   

まろの  

v-354ぐっさん。さま

克服する事ばかり考えていたけど、命に係わる病気じゃないし。
ガツガツ取り組むより、付き合って受け流す方が余程いいんだなあと。
全くぐっさん。の言うとおりですね!背中を押してくれるコメント、ありがとうございます!

2007/12/22 (Sat) 19:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。