カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

めまいと心療内科

今日は診療内科の日。
今年になってからは2ヶ月ごとの受診で、前回はセミが賑やか、その前は梅雨入りの頃、そのまた前は桜が満開でした。
今回は急に涼しくなったので秋の服装。季節を感じるな~(^^)

九段下の駅を出ると武道館でコンサートがあるらしく、アーティストの写真を売る屋台と群がる人々。ハングルが見えたから韓流なのだろうが、誰かはわからん!
九段下駅を出たら

涼しくなるとココアが飲みたくなりますね。
今日も長時間待つだろうからファストフード店でココアを買い、待合室でDSをやりながら飲んでいました。すると僅か30分で順番が!あせってココアを一気飲み(爆)
待合室でココア

「最近どうですか~」の問いに、
「再びめまいを起こした。頭位性めまい症で治ったが、ふわふわめまいが続いている。」
「前回と同じくリボトリールでピタリと止まるが、なんでだろ~???」

ここから主治医の解説(^^)
三半規管と自律神経は密接に関係しているので、そこに狂いが生じると自律神経も狂い、フワフワめまいが起こる。リボトリールは自律神経に効く薬なので飲むとめまいが止まる。
頭位性めまいは耳石がずれて三半規管が狂うので、自律神経にも影響が出ると思われる。逆にストレスなどで自律神経が狂うと耳石もずれやすいのかもしれない。


(めまいには疲れ・ストレス・睡眠不足がいけないって、そういうことなんだ!)

急にめまいが起こるようになったのは、パニック障害の症状の出方が変わってきたから。
症状が増えたり悪化したのではなく、別の症状に移行した。
最近、電車平気になってきてませんか?


(そういえば電車でのドキドキが減って来た!)

ストレス性の病気の症状は、鬱病だろうがパニック障害だろうが、すべて自律神経の狂いが原因。動悸・不眠・食欲不振・情緒不安定etc....みんな自律神経の症状。だからリボトリールを処方している。
メインの症状が移行して行きながら自律神経が安定していき、病気が治る例が非常に多い。どうやら人間の身体はそうして治っていくようだ(まだ完全に解明はされてないが、臨床的にとても多い)。


なんという、理路整然としたご解説! 激しく納得!!

「症状が移行したのは良くなってきた証拠ですよ。」
そうか~。めまいは辛いけど、ちょっと前向きにとらえられるな

最後に、
「○○さん(私のこと)、本当に良くなってきましたね~。自信を持って!」
うれしい~~~

帰り道、写真売り屋台の撤収がそそくさと行われてました。3人の警官が見張ってる。
合法じゃないからね(^^;

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。