カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンク(><)

 7
 0
だいぶ過ぎてしまいましたが、9月の3、4日と横浜へ行ったのでした。
目的は2つ。
5月は山手を中心にポタったので、違うエリアを回りたかったこと。
電車への挑戦として、横浜まで普通の車両で、且つ途中下車なしで行くこと。

往きはちょっと危なかったけど帰りは何事も無く、
横浜までの電車をクリアーすることが出来ました

前回は中華街で食事をしたので、今回は「横浜といえば洋食だ!」
目的の店へ向かったら定休日 第二候補の店へ行ったらこちらも定休日
仕方ないので再び中華街でランチ。あ~あ
とは云え、飲茶ランチ850円はマンゴープリンもついて大満足。

さあ、ポタ開始!なのに後輪がペッチャンコ。パンクかバルブかイタズラか?
近くの自転車店を訪ねると、やはりパンク。しかしタイヤが特殊なので直せないという。
どーしよう!
店頭にあった自転車雑誌の広告をくまなく見ると、かつて(2/5の記事)日本橋で見つけた小径車専門店が横浜「馬車道」にもあるではないか!
さっそく電話すると直るとのこと。歩いては行けないので自転車をたたみ、地下鉄でお店へ。
自転車は重いし、地下鉄は深くてエスカレーターは無いし、道に迷うし(><)
到着したら腰が砕けそうになりました(泣)

修理
思った以上に穴が大きいので、チューブを交換。10分もかからずに終了。
あまりのあっけなさに深く反省。
自分で出来ればあんな苦労も無かったのにと、更に反省。

小径車専門店
しかし、この店に日本橋で出会っていてよかった。 http://www.loro.co.jp/
そして、横浜でよかった。これが郊外だったら大変。
パンク修理は基本です.....

-7 Comments

There are no comments yet.

OS2男  

どうでしょうか?

こんばんわ

パンク修理ですか・・

以前、表ブログで解説しようとして挫折した経験がありますw


http://www.cb-asahi.co.jp/html/size/tire.html

なんかは参考になるかと思います。

それとパンク修理なんかは慣れも必要で、難しくはないのですが、侮ってはいけません。

機会(タイヤ交換など)があったらタイヤやチューブの交換をご自分でやってみて、乗る前にショップに確認してもらっても良いかもしれません。

それと

僕はパンク修理キットも持っていきますが、予備のチューブも積み込んでいます。

パンクの原因を取り除いてから、チューブを交換するだけの方が時間がかからないからです。

また、小軽車などのチューブはやはりショップに置いていない場合が考えられます。

持参していればそのようなトラブルも回避できるかもしれません。

パンクについては語り尽くせない部分もありますが、この辺でw

2007/09/16 (Sun) 23:23 | EDIT | REPLY |   

ゆるポタ  

こんばんは

パンク大変でしたね。
やっぱり都会の道は、危ない物が沢山落ちてるという事か(笑)
でも、小径車のチューブが置いてある自転車屋がすぐ見つかるとは
さすが都会ですね。
田舎だと諦めて帰るしかありません(^^;

2007/09/17 (Mon) 18:24 | EDIT | REPLY |   

まろの  

v-355OS2男さま
参考HP見てみました。パンク修理に自己流は危険ですね。最初は自転車店等できっちりと習ったほうが良いと思いました。
チューブは持参しておくべきでした。小径車のタイヤは特殊なものが多いので、そういった意味では今回は実にラッキーでした!
チューブ、常備して携帯します!

v-355ゆるポタさま
今回のパンクは「リム側」なので妙な物を踏んだわけではなく....。
まあ、大自然の中より都会の方が固いものが落ちている確率は高そうですが(爆)

大都会でもDAHONのチューブが置いてある店は少ないんですよ~。だから本当にラッキーで、これも日頃の行いの良さのおかげかと(^^)
チューブは常時携帯に限りますねv-356

2007/09/17 (Mon) 23:02 | EDIT | REPLY |   

OS2男  

かみ込みは

かみ込みは技術と自転車の管理である程度避けることが出来ます。

ギャップを乗り越えるときにおしりを少し浮かせるのです。

これを無意識に出来るようになると、パンクそのものが少なくなってきます。

ロードのような細いタイヤではないので、エアにそれ程神経質になる必要はないでしょうけど

時々タイヤにちゃんと空気が入っているか確認してみてはいかがでしょうか?

2007/09/18 (Tue) 20:00 | EDIT | REPLY |   

まろの  

v-355OS2男さま
段差はなるべく通らないようにしていますが、避けて通れないですよね。
自転車屋さんは「仕方ないよ」と言ってましたが、発生を減らすことは出来そうですね。
参考になりました!

2007/09/19 (Wed) 20:21 | EDIT | REPLY |   

ぐっさん。  

サドルバッグにチューブとパンク修理キットを入れてフレームに携帯型インフレータは必携ですね。パンクだけはいつでもどこでも起こりうるトラブルなんで。基本はパンクしたらまず穴の位置から原因を特定して取り除いて新品チューブに交換して空気を入れていきますね。空気圧は高めにしておいた方がいいと思います。空気圧が低いと路面のゴミも拾いやすいし リムうちしたときに もろに挟まるんで。。。

2007/09/24 (Mon) 02:34 | EDIT | REPLY |   

まろの  

v-355ぐっさん。さま
パンク対応だけはしっかりしようと思いつつ、この日を迎えてしまいました(笑)。
空気圧は気をつけてますが、チューブ交換が出来ないうちは「仮免」だなあと。早く免許を取って「路上」に出るように努力します!?

2007/09/24 (Mon) 11:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。