カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

SSRIが怖い

昨日は2ヶ月に一度の心療内科の日でした。
通い始めて1年。当初は毎月の受診だったので、少しは良くなっている、という事なのでしょうか?
前回の受診時に
「ほとんど発作は起こりません」
と話したところ、
「体調に合わせて薬(リボトリール)の飲み方を変えてみて下さい。ただし安定剤(メイラックス)だけは絶対に続けるように」

で、その通りにしていたら発作こそ起きなかったけれど、てき面に体調が悪くなってしまいました。
普段は平気でも「PMS」の症状が起こる時期がとても辛いのです。

「薬を減らす時期が早かったですね。でも、リボトリールが良く効いていたという証拠なので、飲み方を元に戻しましょう」

ここまでは良かった。
初診時に「気持ち悪いのだけは嫌なので、パキシルは飲みたくないです」と言ったのだが、
「PMSが辛い」の一言で
「デプロメール出しましょう。SSRIです」

SSRIって、パキシルと一緒じゃないですか!

「それって吐き気とかあるんですよね」
「なので初めは1錠から始めて、何とも無かったら次の日2錠。ダメなら1錠。でも3日位で体が慣れて吐き気は無くなりますから。1週間たってもダメなら止めて下さい」
と軽~く言う。
そしてニッコリ
「嘘のように不安が消えちゃいますから。それに早く病気から卒業できますよ。PMSが出て良かったですね」モノは取り様だ。
「でも、吐き気は.....」
「今の処方なら大丈夫でしょう」
とさらにニッコリ

嘘のように不安が消えるのと、早く直るのは大きな魅力だけと、
だけど吐き気は嫌だ......
妊娠経験は無いけれど、女性なら「ツワリ」と思えば、とも思うけれど。

不安だけが先走っています。論より証拠、飲んでみれば良いんだろうけれど、自分の心の弱さが辛いです。


« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。