カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム

箱根湯本

画像5 082

日帰りで出かけたい、ポタしたい、美味しいもの食べたい、温泉入りたい。
さて、どうしたものか?
思いついたのが箱根湯本まで輪行して温泉に入り、
湯本から走り出して小田原市内をポタリング、小田原おでんを食べるというコース。

朝8時に家を出て箱根湯本に着いたのは11時半。
「自粛ムードで箱根は空いている」とニュースでは言っていたが、
なんのなんの、箱根湯本駅は大混雑!

時間節約のために駅構内のベーカリーで昼食を食べ、駅から歩いて数分の温泉施設へ行く。
お湯は温泉でポカポカと温まったけれど、施設はイマイチだったな・・・

画像5 091

これで箱根湯本は終了(笑)
ブロンプトンを展開して、小田原へ向かって国道一号を走る。
駅伝で走るくらいだからとんでもない距離ではないだろうが、どのくらいかかるのだろう?
いざ!と走り出すと道はずっと下り坂。
途中に一箇所ゆるい上り坂があったのと、信号待ちからのスタート以外はペダルを踏むことも無い。

箱根湯本駅から小田原市内の「外郎店」まで、飛ばさずに走って15分!
ペダルを踏んだのは、おそらく20回以下。近いにも程があるよお~(爆)
そして小田原おでんの店を目指して市内ポタ開始です
スポンサーサイト

ホーム

アルコール

画像5 015

初めに断言しておくが、私の身体はアルコールを受け付けない。
ビールも日本酒もワインも、その味わいや香りは大好きである。
酒場で出される食事なんて本当に好きで、ダンナと一緒にその手の店に入り、
自分は飲まずにつまみを食べる。食べるたびに「一杯欲しいなあ」と思うも身体が拒否する。

悔しくてたまらない~(爆)

ひょんなことで知り合った某氏の食卓に参加した。東北を中心とした日本酒数種が並ぶ。
私は飲めないので「利き酒」の如く、各種を一口だけ味わう。
ふわっと香るもの、するっと喉にすべりこむもの等々、日本酒は面白い。

「莫久来」なる珍味登場!
珍味好きの私でも、ホヤとコノワタが材料と聞くとちょっと身構える。
どちらも生涯初の食材。おそるおそる口に含むと・・・
薄い塩辛のような味、少し海の匂い。間違いなく日本酒が欲しくなる味。
好きか嫌いかと問われたら、6対4くらいで好きが勝つかなあ(笑)

食の好みについて「本当に飲めないの?絶対にオカシイよ」と、よく言われる。
自分でも未だ覚醒していない「酒飲み遺伝子」が身体のどこかにひそんでいるのではないか、
そんな思いを強くした某氏の食卓だった(^^;

ホーム

ホーム

香港の旅・4日目

219 (11)

香港最後の日の朝食は宿泊したインターコンチネンタルホテルにて。
値段も最高だが内容も最高。日本では珍しい南国の果物もいろいろ並んでいる。
初めて「ドラゴンフルーツ」を食べる。キウイほど青さのない、さっぱりしたトロピカルな味。
なんとなく超ハイキーで撮ってみました(笑)

ホーム

ホーム

香港の旅・3日目・上環~蓮香樓

218 (68)

昨日、部屋へ戻るとミネラルウォーターのボトルが新しいものになっていた。
そうか、毎日もらえるのか!何とありがたい!
その水を持って向かった先は香港のビジネス街の中環。
中環駅の脇に急な坂道があったのが昨日から気になっていて、
そこを歩いてみることにした。
天気は相変わらずさえず小雨まで落ちてきたが気にしない。
しかし勾配がキツイ。ところどころ階段になっている(涙)
坂道の右側は銀座と歌舞伎町を足して2で割ったような繁華街で、
それがオフィス街と隣り合っているのが面白い。

ホーム

水元公園の桜

画像5 006

葛飾区内の駅まで輪行して水元公園まで自転車で走った。
やっぱり自転車は爽快。

水元公園の桜は満開。今年も間違いなく春はやって来ていた。

画像5 020

公園内は今まで見たことのない人出。
皆、解放したい何かを心の中に抱えているんだろうな。
子供は駆け回り、大人は宴会ではなく談笑している。
例年なら演歌大会になりがちだが、今年は大騒ぎがない。
静かで賑やか、こういうお花見が私は好き。桜の淡いピンクが心に染みる。

画像5 035

地震で猫達はどうしただろう?
気になっていたが、元気で暮らしていた。
まだまだ厳しい現実が続くけど、私達も元気でいなくちゃ。

ホーム

コメント

仕事を辞めた経緯・・・・・

そんなわけでコメントに返事書けませんでした。
ごめんなさい。でも全てきちんと読んでいました。ありがとうございます。


途中になった「香港旅行記」も再開しますし、
書いてなかったお返事も書いて行きます。

これからもよろしくお願いします

ホーム

仕事辞めました

217 (11)正月飾り

未経験、忙しい、休めないのは承知の上だった。
だけど「人間関係」は余計だった。

一緒に仕事する先輩事務員、当然ながら仕事は全て覚えていて動きも速い。
こちらは新人。どんなに頑張っても早く作業出来ないし、一度で仕事を飲み込めるとは限らない。
スピードが要求される仕事。早く仕事を覚えたい!
だから何度も質問をしたり、仕事の手順を真似してみたり、自分で作ったノートで確認したり・・・・・
それが相手の何に障ったか知らないが、返事の一々に見て取れる人格否定の声色と語彙。
パワハラ、いや、これはイジメだ。
事務員は二人きり、明らかに私向け。我慢の限界を超えて心はポッキリ折れてしまった。

同級生とダンナに何度も相談した。二人から同じ回答。私もこの二つの間で揺れていた。
「そんなヤツのために辞める必要はないし、乗越えないと自分が弱いまま。」
「それを我慢し続けて身体をこわしたらどうするのか。」

仕事の帰りに立読みした新書に書いてあった。
「自分に自信がない人は、自分を認めてない・褒めてあげない・大切にしていない」
学生時代に文化祭をまとめ上げた、小さなチームだけど部下を持ったこともあった、香港に無事行って来られた等、私だって色々達成した事がある。だけど主役は私でなく「皆の協力のお陰であって自分はそれに乗っただけ」「頑張れば出来て当たり前」。まるっきり新書の通りの自分だということに気付いた!これが自信の無さと自己嫌悪の源かもしれないと思った。
困難を乗越えるのも大事だけど、派遣切りや地震・原発で痛んだ自分の心を立て直すのも大事だと知った。

昨日は心療内科の受診日だったので主治医に相談。
「好んでパワハラに身をさらす必要は無い。もっと自分を大切にしなさい。」
これで決心がついた。

契約の途中で辞めるのは社会人失格とわかっている。でも自分を守れるのは自分しかいない。
その思いを胸に派遣会社に電話を掛けた。
予想通り責められたが、うまくかわしながら自分の思いを貫いた。
その結果、その場で契約終了。

今日から無職になりました。また仕事探さなきゃ。
でもジャンプするにはしゃがまないといけない。今は目一杯しゃがんで自分を立て直そう。
正直ちょっと後味は悪い。
でも5日もイジメに耐えたし、努力した。こんな自分でも褒めていいよね。
あまり長くはダメだけど、しばらくはユックリしていいと言ってくれたダンナに感謝。


ホーム

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。