カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム

仕事が決った!

画像5 074

派遣切りを宣告された数日後、つまりまだ前の職場で仕事をしていた時期にネットの
転職サイトを検索しまくっていた。
そうでもしないとやっていられなかったのであるが。

年齢・条件を入力して出てきた数少ない仕事の1つにエントリーしたところ、
その仕事を「統括」している派遣会社から電話が来て、本当にこの仕事が出来るのかと言われた。
やったこと無いのでわからないと答えると、そりゃそうだ、でも派遣登録をしませんかと。
何もしないより良いだろうと退職の翌日に登録に訪れたところ、その場で一件仕事があるという。
それは何と「本当にできるのか」と言われた仕事であった。
複雑な気分ではあったが、これを逃す手はないと思い了承した。

登録をした翌日、あの大震災が起こった。

それでも派遣会社は動いていてくれて、15日に電話があり、同じ派遣先の別部署の仕事を紹介された。
そして今日、派遣会社の営業担当者と派遣先に出向き、そこで勤務することが決った!

その部署には2人の派遣社員が交代で出勤(週2日か3日出勤)するので、派遣は一人きりとなる。
うかつに休めない。もう一人が急に休んだときは呼び出しがかかることになる。
きついようだけど仕事である以上はそれが責任であるし、問題なし。残業ないし、土日休みだし。
それよりも就職の無いこのご時勢、しかも大混乱の最中に動いてくれた派遣会社、すべてに感謝!

3月一杯で辞める人の後任なので、来週はガッツリ5日出勤して仕事を覚えなくてはならない。
久し振りのフルタイム出勤。通勤時間は前の半分、頑張ろう!
明日は派遣会社の研修会。急に忙しくなってきた。元気が沸いてきた・・・・・気がする(^^;

*こんな私に良い事が起こったんだもん、日本が今直面している問題も解決するさ、必ず!
 そして太平洋岸の街と福島に向かって、今も祈り続けています!
スポンサーサイト

ホーム

自分らしくあるために

画像5 097

体験したことのない揺れ、繰り返す余震、原発の恐怖、停電、
それらを自宅で一人で受け止める・・・・・。
パニック障害のせいにするわけじゃないけれど、私の心の限度を超えてしまった。
診療内科の主治医に電話で相談したところ実在する不安に薬は効かない、
少しの間でいいから東京を離れるのが良いとのこと。

皆ここで頑張っているのに、私が弱いばかりに・・・
罪悪感を感じながらも、自分を立て直さないと頑張れないと、
連休の間だけ、たまたまホテルがとれた浜松へ行きました。

何の準備もなく飛び乗った新幹線で着いた浜松、初めての土地、右も左もわからない。
でもあふれる活気に救われた。駅前での赤十字と静岡大学の募金活動が嬉しかった。

ホテルの部屋で持参したノートパソコンをつなぎ、餃子が有名な事、
弁天島というところに日帰り温泉があると知った。
地震以来初めて食事が美味しく感じられた。ゆっくりお風呂に入った。
それでも常に地震と原発のニュースはチェックしていたし、緊張も解けず、
心の底から笑うことは出来なかった。

帰りの新幹線、出来れば西へ行きたかった。満席の客は誰もが黙りこくっていた。
そして今日、自宅で一人で過している。余震も何度かあった。
それでも浜松へ行く前よりは元気で居られる。
浜松の街と活気に感謝します。ありがとう。

原発に立ち向かっている作業員の皆様、本当にありがとうございます。
全ての人々の無事と事態の収束を祈り続けています。

ホーム

無事です

あの地震には驚きました。
部屋で一人きりだったので生きた心地がしませんでした。
余震は怖いし、落ち着かないしで、眠れず、
精神的にまいっています。
こんな時、一番心強いのは一緒に居てくれる人ですね。
今日、ダンナは仕事へ折りたたみ自転車を持って行きました。
一人待つ身は不安でいっぱいですが、
かならず乗越えられる!
世界中から救いの手が差し伸べられている!

笑いましょう。笑顔のエネルギーは強いです!
もうすぐ停電の順番です。しかも夜間にも回ってきます。
それでも笑っていたい。人の力を信じて祈ります。

ツイッターをやっている人は、私はここにいます
助け合って、この難局を乗越えましょう。
では電源を切ります。

ホーム

花束

画像5 011

昨日、10年勤めた派遣先を去った。

正直に言う。
派遣切りという形だが、辞めて正解だった。
最後の挨拶に行った時、派遣先の長は私が知る限り最低の人間だと知った。
仕事と会社への未練は完全に消えた。

職場は最悪だったが、派遣スタッフ達と一部の社員は最高の仲間だった。
職は失ったが、他の何よりも尊い「友情」を得た。
それだけで全てが満たされる。

一緒の作業チームから貰った黄色い花束。ありがとう。

画像5 006

まさかの有志からの赤い花束。ありがとう。
2つも花束をいただけるなんて最高に幸せ。

職場のみんな、同級生たち、ダンナ・・・・・、何人もの想いを得て少しずつ元気になってきたよ。
就職活動も始めているし、大学通信教育も続けることにした!
派遣切りにあって、日本の現状とか、色々考えた。
そして入学時に何を専攻しようか考えて「政治経済」を選んだのは必然だったんだ、そう思えた。
あと2年で絶対に卒業すると決めた!

派遣切りと花束が私に「人として何が大切か」、教えてくれた。

ホーム

派遣切り

楽しい旅行記事の途中で何ですが、派遣切りにあいました。
3月9日まで出社して、その後は早く就職活動を始めたいので有給消化。
晴れて4月から無職です。

夏頃から契約満了のタイミングで派遣社員を切って行くと云う公然の裏情報が飛び交っていたけど、
こんなに早く自分の身に降りかかって来ようとは・・・・・

いや、あの職場、あの会社はダメなんだ!自分でも辞めたがっていたじゃないか!
きっかけを掴めないでいたのを会社側から与えてくれたんじゃないか!
他の、いずれは切られる仲間より先に行動できるじゃないか!
そう思わないとやっていられません。
先ほど一件、求人にエントリーしてみました。どうなることやら。

会社員にこだわる必要はない。資格と経験を活かして何か始めることは出来ないか。
そんな思いもあるけれど、今現在は雲を掴むような話。

大学通信教育は中退します。いつかまた出来るから・・・
今は何も考えられない状態です。

ホーム

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。