カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム

柴又花火・2010

画像5 035

書中お見舞い申し上げます
ちょっと苦しい場面もありましたが、トラブルもなく旅行を楽しむことが出来ました。
旅先からの投稿へのコメント、ありがとうございます!
目下、数百枚の写真と格闘中!(笑)まとまり次第ブログにUPして行きますので、
それでコメントへのお返事とさせてくださいませ

で、九州より暑い東京。何と云っても湿度が高い(><)
こんな日には、やっぱり花火。
昨晩は葛飾納涼花火大会。4歳から見続けている「柴又の花火」。
京成江戸川駅までブロンプトンを輪行し、10分も走ると絶好の見物ポイント。
「ここから先は自転車ダメだよ~!」と叫ぶ警備員のオッサンの横で、自転車をたたむ。
フロントバッグを着けた状態では、単なる荷物にしか見えない。自転車と気付いた人はどれくらい居たかな?

川原にレジャーシートを敷いて自転車を置き、フロントバッグの上にカメラを置く。
絞りはf8、シャッター速度はB(バルブ)。もちろんレリーズ付き。
多少カメラが傾いているが、花火が写ればそれで良し。ブレることなく写真が撮れた。
我ながら良いアイデアだな~(^^)

帰りは柴又から自宅まで走って帰る。途中、一人で「餃子の王将」で夕食。
「干物女」・・・ですか(^^;
夜風が心地良い。それでも夏は夏、家に着いたら汗ビッショリ。
という訳で、花火の写真をもう一枚。納涼してくださいませ。

画像5 031
スポンサーサイト

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

ホーム

梅干完成

梅干2010

土用干しを終えて、2010年の梅干が完成した!

酸に強いガラス瓶に梅を入れ、2~3時間ほど干したシソを上に乗せて保存。
保存といっても、食器棚あたりに置いとくだけなんだけど(^^;
もう食べられるんだけどまだ塩が馴染んでないので、食べるのは早くて年明けかな~。
待ち遠しいぞっっ
それまでは実家から貰った「3年もの」を食べて待とう。

話変わって、22日~25日の3泊4日で「門司・下関」旅行へ行きます。
パニック発作のないパニック障害、つまりは不安障害が再発したばかりという時期ですが、
「メイラックスと頓服のレキソタンがあるので問題無し!」
との医者のお墨付きもあるし、でもかなりドキドキしています。
ドキドキしながらも「PLフィルターを買おうかなあ」と悩んだりしています(爆)

ホーム

梅雨明け

神宮球場3塁側

ベタと云われようと、書かずにはいられない。

「あけましておめでとうございます

私の感覚では15日の午後が梅雨明だったので、16日から梅の土用干しを始めた。
なので17日の気象庁の発表など、今さらどーでもいいのだが、やっぱりうれしいゾ(^^)
梅雨も明けたし、薬もまったり効いているし、ということテンプレート変えました。
度々すみません・・・・・

夏になると楽しいのが「夜ポタ」
某所から戴いた「ヤクルト-阪神」のチケットがあったので、野球観戦がてら都心を軽く走った。
都心の輪行で問題なのは「階段が必須」という駅が非常に多いこと。
私のお気に入りは地下鉄の「茅場町」と「日本橋」。構内が広くない、土日は人が少ない、
階段を使わずに地上まで行ける、東京駅が近い、いろいろナイスな駅なのだ。

4時過ぎに茅場町駅を出発し、有楽町の人混みに行く手を阻まれながら30分ほどで新橋着。
「餃子の王将」で早めの夕食をとる。
サラリーマンの街・新橋の土曜日の夕方の王将、「家族連れ」が2組もいた。謎・・・・・
新橋から愛宕、赤坂を抜けて青山通りをしばらく走ると神宮外苑。
臨時の駐輪場に自転車を停めて、神宮球場へ。当然ながら3塁側の方が混んでいる。
私はもちろん3塁側に席を見つけ落ち着くと、ほどなく試合開始。
神宮球場は1985年10月16日以来。
(あの吉田監督の胴上げを私はこの目で見ているのである!)
毎回のようにヒットを打ち、ランナーを出し、阪神快勝。イェイ

帰りは交通量の減った都心の広い道を快適に走る。
銀座の中央通りの客待ちタクシーには参ったけどね。2車線道路の1車線を完全に占領だもの
夜風は涼しいし、夜景はきれいだし、阪神も勝ったし、
梅雨明けで気分は爽快

ホーム

梅干その3

干す!

まだ梅雨明け宣言はされていないが、昨日から東京地方には間違いなく夏がやって来た!
この先もしばらくは晴天が続くようなので、梅の土用干しをすることにした。

朝からベランダが2時頃に日陰になってしまうまで干し、空になった容器に梅を戻す。
明日も同じ事を繰り返し、明後日は次の朝までの「三日三晩の土用干し」。

重石を取り、フタ代わりの皿を取り、梅酢とシソと梅に分ける。
母から貰った土用干し用のザルに、菜箸で梅を1つずつ並べる。
真っ赤に染まったものもあるが、容器の底に埋もれてあまり色づかず、
ペチャンコになったものもあった。
重石が重すぎたかな・・・・・(^^;

梅はふっくらと柔らかく、干したらほんの少し塩が白くふいた。
6月初めに仕込んだ梅が着々と梅干になって来ていて、愛おしささえ感じる。

カビが生えないよう「清潔」にさえ気をつければ、毎日かき回す糠漬けよりむしろ簡単。
ぜひ梅干作りに挑戦されることをオススメしますっ

梅酢

赤シソ

2キロの梅から出た1リットルほどの梅酢。ボウルにいっぱいのシソ。
何に使おうかなあ。
梅酢に生姜の千切りを漬ければ「紅ショウガ」になるらしい。ドレッシングや酢の物にも良いらしい。
シバ漬けもいいなあ。作り方知らないけれど(笑)

ホーム

北千住ちょこっとポタ

画像5 012

メイラックスが効いて気分も良くなってきたので、久し振りにポタることにした。
品川の旧東海道を訪ねようと思ったが、ダンナのブロンプトンから異音が発生し、
急遽「サイクルハウスしぶや」へと行き先変更。
店員さんの話ではシフターのワイヤーが伸びていて、ギアチェンジが中途半端になっていたとのこと。
新品で買ってから100キロも走ればワイヤーも伸びるわけで、まあ当然の異音(?)というべきか(笑)

簡単な調整で終わり、さて、どこを走るか?

ダンナが行ってみたいというので、北千住を目指す。
「しぶや」から北千住への道は、葛飾に住んでいた頃に何度も走っているので、私が道案内。
普通に走れば30分弱の道程を、寄り道しながらゆるゆる走った。

画像5 030

概ね京成線に沿って走り堀切橋で荒川を渡ると足立区柳原、金八先生の世界。
東武線の低~いガードや「全ての道が路地」と云わんばかりの、散歩好きにはたまらない場所。
見通しが悪いは、行き止まりはあるはで、何度も通ったはずなのに道に迷う。
でもそれが楽しかったりする(^^)

画像5 037

どうにかたどり着いた北千住は、いつ来てもすごい人出。
人混みを避けて、商店街となっている旧日光街道をポタ。
商店街の荒川寄りには、旧街道の名残がちらほら。脇道を入ると寺や神社がある。
そこで見つけた「めやみ地蔵」。目のトラブルに効くそうで、絵馬のデザインが面白い。

暑いし、まだ本調子でなかったのであまり見ずに帰宅したが、
いろいろ調べてから来ると、北千住も意外と面白い所のようだ。

ホーム

不安障害

画像5 049

5月半ば頃からなんとなく気分がのらないというか、身体がすっきりしない状態が続いていた。
それでも自転車には乗っていたし、仕事も普通にしていたんだけど、でもなんかスッキリしない。
水元公園の菖蒲も6月初めの、こんな淋しい状態を見たっきり。
そして6月末に「ちょっとヤバイかも・・・・・」、7月に入って一気に不安感が大暴走。

6月30日、通っていた心療内科に電話で薬について尋ね、メイラックスを半錠飲んだ。
すると翌日、かえって具合が悪くなってしまった。
薬が強すぎたのかと思い、翌日からソラナックスを3分の1錠飲んだが、ますます悪くなるばかり。
薬が少なすぎるのか、それとも多すぎるのか、そもそも別の話なのか。
昨日、1年振りに心療内科に「里帰り」してしまった。

見慣れた待合室、相変わらずの長~~~い待ち時間、懐かしいなあ(爆)

パニック発作は全く起こらない。乗り物もお出かけも大丈夫。
けれど漠然とした強い不安・止まらないマイナス思考・気力の喪失等々でご飯も喉を通らない状態。

はっきりと病名は告げなかったけれど、パニック障害の延長のようだ。
そもそも「パニック障害」は「不安障害」なので、パニック発作がなければ不安感が全面に出る。
そういえばパニック障害で初受診したときも不安感はあったなあ(き、記憶が

うつ病は、時間がかかるが再発はあまり無い。
不安障害はストレスがある限り再発を繰り返すが、すぐ治る。
「じゃあ、オバアチャンになっても再発するんですか?」
「ありえますよ」
(さくっと言わないでよ~
「でも、すぐ治りますからね
まあ、いいや。極度にストレスを溜めないように生活していけばいいし、すぐ治るんだし(^^;

メイラックス半錠は少なすぎだった。
パニック障害の治りかけは半錠だったけど、あの時は本当に調子が良かったんだね。
昨晩1錠を飲んだら、今日はやや低空飛行ながら、こうしてブログの更新が出来る。
さらに頓服としてレキソタンが出た。初めての薬にちょっと緊張。すると、
「ずっと飲んでましたよ」
「???」
「初めてここに来たときに出してたアレですよ」
「真ん中でパキッと割れる、丸いやつですか?」
「そうですよ
最近レキソタンを飲んでる友人がいて「そんな薬もあるんだ」と思っていたら、
20代の時に私が飲んでいた。ああ、遠ざかる20代

また診療内科の日々が戻ってきました。

ホーム

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。