カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム

フロントバッグの価格

画像5 073

先月買ったブロンプトンのフロントバッグの請求書が、カード会社から届いた。
実は請求書の到着を待ち望んでいたのだが、理由は「為替レート」と「税金」。

買った物の明細は・・・
 C-Bag(フレーム付)=£79.99
 S-Bag(フレーム無)=£54.99
 S-Bag用フレーム=£19.99
 送料=£24.93
 合計=£179.90

購入前にブログ等で調べたところ、関税や消費税(英国のVATではない。何故輸入品に日本の消費税が?)
について触れているものが多々あったので、結構ドキドキしていた。
結果は税金は一切かからず、請求は・・・
 £179.90×139.372(為替レート)=¥25,073だった。

イギリスには何度か旅行で訪れたが、そのときの為替レートは170円近かった。
そのレートで換算すると、£179.90×170=30,583。その差なんと5千円!
立場によりけりだけど、ここは強い円に感謝(^^)

ちなみにイギリスのVAT(付加価値税)は現在、17.5%(確か、生鮮食料品等にはかからなかったはず)
C-Bagを英国内で買うと、£79.99×1.175×139.372=13,099円。日本で買うと2万円弱。
外国からの旅行者は、出国時にVATの還付申請が出来るから・・・・・
何、計算してるんだ私は(爆)
スポンサーサイト

ホーム

夏至

MA340093.jpg

今日は夏至。一年で最も昼間が長い日。
明日からは昼間が短くなっていく。なのに暑さはこれからが本番。
理屈を知っていても、ちと不思議(^^;

「梅雨寒」なんて言葉がある。
小学生の頃の梅雨、雨で寒くて、薄暗くて、家の中に大量の洗濯物が干してあって。
寒さと洗濯物を乾かすのに、何度かストーブを点けた記憶がある。
今では「梅雨寒」は死語になりつつあるか・・・。

あんまり蒸し暑くて、仕事帰りにバッサリ髪を切った。
美容院から出るときれいな夕焼け。
携帯電話のカメラにも「ホワイトバランス」があって、
赤を出そうと「曇天」にしたら、なんだか妖しい色になった(笑)
アイスランドの噴煙の影響もあるかな?

ホーム

梅干その2

梅酢

6月6日に塩漬けにした梅から「どこからこんなに」と思うほどの梅酢が上がってきた。
塩分が足りなかったり消毒が不十分だったりすると、傷んで梅酢が濁ったりするらしいが、
無色透明のキレイな梅酢。まずは第一関門突破というわけで今日、八百屋で赤シソを買ってきた。

赤しそ2袋

2キロの梅に必要な赤シゾの葉の量は、直径30センチ弱の金ダライに山盛りいっぱい。
この大量の葉を水を3、4回変えて、どうにかこうにか(汗)キレイに洗う。

塩もみ後

洗った葉を体重をかけながらワシワシと塩でもむと濃い紫色のアクが出るのでギュッとしぼって捨てる、
これを3回ほど繰り返す。最後は全握力を使ってギューーーッッとしぼる。
するとあの大量の葉が、ドンブリ半分ほどになってしまう。
この作業、結構疲れる・・・・・

発色

ここが梅干づくりのメインイベント!
しぼったシソに梅酢をかけると、濃い紫色があっという間に赤く変わる!!
赤シソの色素アントシアニンは、酸と反応すると赤くなるそうだ。まるでリトマス試験紙。
この瞬間は何度見ても感激ものだ(^^)

しそ投入

赤くなったシソを梅の上にまいて、赤くなった梅酢を容器にもどす。
消毒した重しフタ(我家は平皿を利用)と重しを乗せ、フタをして梅雨明けを待つ。
毎日、重しをしたままで良いので様子を見るのを忘れずに!
梅雨が明けたら土用干し。待ち遠しいなあ


ホーム

梅干その1

梅

毎年この時期になると八百屋に梅が並んでいる。
私は梅干が大好きなんだけど、実家で作った梅干しか食べない。
市販の梅干って甘くて、化学の味がして、それに「賞味期限」って何なのさ!

減塩の時代に、実家の梅干は昔ながらの塩分20%。最近は若干減らして18%位。
一度、世間並みの塩分(10%とか)で作ってみたが上手くいかなかったそうだ。
ちなみに我家の食器棚に2年ほどほったらかしの梅干が1つあるが、水分が抜け塩が結晶して石と化している。
昔ながらの梅干に賞味期限は無いが、ある程度の期間内には食べた方が良さそう(爆)

いつも実家で梅干を貰うのも何なので、今年は自分で作ってみることにした。
さて、どうなることやら(^^)

ぬか床

ついでにぬか床も作った。
こちらは、確か3度目(?)なので手馴れたもの。今度こそ一生モノのぬか床にしたい(爆爆)

ホーム

神田川ポタ

源流

東京には何本もの川が流れているが、私が勝手に決めた「全国的に有名な川BEST3」は、
1位・隅田川(滝廉太郎)、2位・神田川(四畳半フォークの横綱)、3位・中川(こち亀)。
その「神田川」、全長25キロ程でポタにはちょうどいい距離。
都民には非常に馴染みの深いこの川を、昨日走ってきた。

このポタで始めて知ったのだが、神田川の水源は「カップルでボートに乗ると別れる」と言われる、
井の頭公園の池だった!
そして神田川の始まりは、まるで池の排水口のようだった・・・・・

ホーム

フロントバッグお披露目

画像5 027

フロントキャリアブロックが付いたので、これで念願のフロントバッグが使える!
どこでデビューさせようかなあ、ブログ用に写真も撮りたいし・・・、やっぱり水元公園しかない!!

仕事が休みだった6月1日、日差しは強いが湿度が低く走っていて実にさわやか。
本当なら梅雨の走りでジメジメしている時期なのに、まるで5月のよう。
そんな思い切りさわやかな水元公園で自転車+バッグの記念撮影。
自転車に対してバッグが大きすぎるかと案じていたが、こうしてみると違和感はない。

画像5 033

このバッグ、結構入る。財布、ポーチ・輪行袋、携帯電話、一眼レフにカーディガンを入れてもスカスカ。
秀逸なのがバッグ後側、自転車に取り付けると自分の方に向くポケットで、500ccのペットボトルが入る。

画像5 035

さらに秀逸なのは、自転車をたたむとバッグは写真のような位置に納まり、バッグの持ち手を持って
自転車を転がすことが出来る。
サイドのポケットの大きさが中途半端でイマイチ使えないのと、デザインがもう少し良ければな~、
と云う思いはあるけれど、実に良く出来たバッグだ。買って大正解だった(^^)

ホーム

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。