カメラ片手のお散歩&ポタリングで、パニック障害とゆるりとお付き合い。

marono的☆視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム  次のページ »

病院二件

画像5 082

一月の末に足の違和感が始まった。重い、だるい、ピクピク。何なんだこれは?
そこへ何と云うタイミングか、たまたま点けたテレビに深刻な映像が映っていた。
年末あたりからある事への葛藤がずっとあり、気付かぬうちにかなりのストレスが積もっていたらしい。
「私はこの病気かもしれない」という暗示にかかってしまった!
かかってしまったらもう止まらない。自分では制御不能、大波に飲まれっぱなし。

病院その1
薬の量の調整でしのぎつつ、昨日が心療内科の診察日。
期待していたラーメンを食べ損ない、余計に疲れを感じながら病院への坂道をトボトボ上る。
医者に事の経緯を話すと「ほら来た」的な笑い顔で「典型的な不安症状」だと。
そして会話の中で気付いた。ずぼらなつもりでいたのが、実は私はかなり神経質なのだと。
「お腹の調子はどうですか?」「?」
「お腹が下るとカリウム不足になってピクピクしますよ」「へ?」
安心したがイマイチ信じきれない(><)

病院その2
心療内科の数日前に整形外科も受診していた。
足の症状とテレビの事を話すと、医者は鼻で笑うようなことはせずきちんと対応してくれた。
レントゲン、血液検査、触診、立ったり歩いたり・・・・・
「結果がどう出るかはわからないけれど、私の中では100%シロです(^^)」
でもストレスのなせる業か、信じきれない(><)

今日、仕事帰りに血液検査の結果を聞きに行った。
医者は私の肩をポーンと叩いて「異常なしっ!怖い病気の可能性ゼロっ!(^^)」
しかし現実に症状はあるわけでそれを訴えると、立たされたり、足や腰を動かしたり。
その結果・・・・・
「私の予想では腰なんだけど~(私が症状を話す)~もう絵に描いたような腰の症状!」
腰のゆがみが足へ行く神経を刺激して、一連の症状が出ているとのこと。
あ~~~~~、力が抜けていくぅぅ~~~~~。

これから週二回ほど通って、腰を治すこととなった(爆)

しかし何とかならんのか、この神経質な心配性(涙)
腰よりも手ごわい相手だが、どうにかしてやるぅ
スポンサーサイト

ホーム  次のページ »

twitter

画像5 070

心を強く持ちたい。前向きでありたい。

ポジティブな言葉を自分自身に浴びせ続ける手段として、
twitterを利用してみることにした。

いま起こっている事、考えていること、なんでもいい。
無条件にポジティブな言葉を使ってつぶやいてみる。
時にはアントニオ猪木のように「元気ですかー!」と叫んでみる。

効果があるかどうかなんて考えない。
とにかくやってみよう。何もしないよりはおそらく良いだろう。

様々なジャンルの人の声を聴けるのも魅力。
自転車ロードレース選手とかね。
もちろん新城選手はフォロー済み(笑)

ホーム  次のページ »

通院日

神田古本祭り

約3ヶ月振りの診療内科の日。
体調ではいろいろトラブルがあったが、パニック障害に関しては大きな問題はなかった。
ただ、小さい問題はちょこちょこあった。
頓服のレキソタンでしのいだり、飲まずに我慢できる程度だったり。
主治医曰く、あんまり我慢しないほうが良いそうだ。
レキソタンを半錠、あるいは1/4錠飲んで楽に過した方が良いと。
「このくらいの不安感なら・・・」と抱え込んでしまうより、
薬を使ってでも不安感の無い状態で元気に活動するのが、不安障害には良いと言われた。
そうだね、楽に生きるのって大切だよね。特に現代人は。

今日は早い時間の予約だったので、病院を出てから1時間ほど散歩。
神保町に差し掛かると、丁度「神田古本まつり」をやっていた。
特に買うつもりは無いが、歩道に出たワゴン(?)をのぞきながら歩く。
とあるワゴンに「ちくま日本文学全集」のハードカバー版が全巻セットで売られていた。
図書館にある分は借りて読んだが、残りも読みたい。
文庫版もあるようだが、ハードカバー版の装丁が好きなので食指が動いたものの、
数万円という値段に即却下(汗)

帰りの電車から不思議なものを見た。
夕焼け空に、西の地平を頂点にした黒くて細長い二等辺三角形が伸びている。
雲か?と思ったが、形が整い過ぎている。そして時間の経過とともに三角形の頂点が
地平から離れていった。
多分間違いなく、沈んだ太陽に照らされた富士山の影が雲に映ったものだ。
理屈は単純だけど、神秘的なものを見た気分。なんだか嬉しい(^^)

ホーム  次のページ »

不安障害

画像5 049

5月半ば頃からなんとなく気分がのらないというか、身体がすっきりしない状態が続いていた。
それでも自転車には乗っていたし、仕事も普通にしていたんだけど、でもなんかスッキリしない。
水元公園の菖蒲も6月初めの、こんな淋しい状態を見たっきり。
そして6月末に「ちょっとヤバイかも・・・・・」、7月に入って一気に不安感が大暴走。

6月30日、通っていた心療内科に電話で薬について尋ね、メイラックスを半錠飲んだ。
すると翌日、かえって具合が悪くなってしまった。
薬が強すぎたのかと思い、翌日からソラナックスを3分の1錠飲んだが、ますます悪くなるばかり。
薬が少なすぎるのか、それとも多すぎるのか、そもそも別の話なのか。
昨日、1年振りに心療内科に「里帰り」してしまった。

見慣れた待合室、相変わらずの長~~~い待ち時間、懐かしいなあ(爆)

パニック発作は全く起こらない。乗り物もお出かけも大丈夫。
けれど漠然とした強い不安・止まらないマイナス思考・気力の喪失等々でご飯も喉を通らない状態。

はっきりと病名は告げなかったけれど、パニック障害の延長のようだ。
そもそも「パニック障害」は「不安障害」なので、パニック発作がなければ不安感が全面に出る。
そういえばパニック障害で初受診したときも不安感はあったなあ(き、記憶が

うつ病は、時間がかかるが再発はあまり無い。
不安障害はストレスがある限り再発を繰り返すが、すぐ治る。
「じゃあ、オバアチャンになっても再発するんですか?」
「ありえますよ」
(さくっと言わないでよ~
「でも、すぐ治りますからね
まあ、いいや。極度にストレスを溜めないように生活していけばいいし、すぐ治るんだし(^^;

メイラックス半錠は少なすぎだった。
パニック障害の治りかけは半錠だったけど、あの時は本当に調子が良かったんだね。
昨晩1錠を飲んだら、今日はやや低空飛行ながら、こうしてブログの更新が出来る。
さらに頓服としてレキソタンが出た。初めての薬にちょっと緊張。すると、
「ずっと飲んでましたよ」
「???」
「初めてここに来たときに出してたアレですよ」
「真ん中でパキッと割れる、丸いやつですか?」
「そうですよ
最近レキソタンを飲んでる友人がいて「そんな薬もあるんだ」と思っていたら、
20代の時に私が飲んでいた。ああ、遠ざかる20代

また診療内科の日々が戻ってきました。

ホーム  次のページ »

絶不調(><)

市川・サプナ神保町・共栄堂

ここ数日、絶不調。
朝、目が覚めたら偏頭痛。いや、痛みで目が覚めると云うべきか。
日曜日の朝4時半に痛みで目が覚め、ラジオ深夜便で気を紛らわそうとしているうちに湧き上がってくる恐怖感!パニック発作だ~!
初めての夜のパニック。それでもなんとか理性が勝つことができて心慮内外の薬を飲み、少し眠った。
その日は所用で出掛けたのだが、終日頭と気分が重かった。寝る前にまた薬を飲んだら翌日は全く痛み無し。けれど今も気分の重さは相変わらず。昨日、今日と休んで明日から仕事なんだけど大丈夫かな~。
テンション上げようと最近食べたカレーの写真をUPしたけど…
自然に任せるのが一番なのかな。

ホーム  次のページ »

通院が終わった!

カラフル

15日は4ヶ月ぶりの心療内科の日。
初めにいつもと同じように「調子はどうですか」「2.3回ほど調子が悪くなりかけたことはあったけれど、発作までは行ってません」
そして先日の横須賀線の事故で1時間以上すし詰めの電車に乗るはめになり、パニック発作に片足突っ込んだけどそこで留まった事を話すと、
「1時間でその程度だったのですか!大したものですね~!何でもない人でも調子悪くなる人もいるのに」
「そりゃそうですね・・・」
「私が診るところ、95%以上治ってますよ(^^)」

95%以上ってなんだ?

「100%完治はありえないんですよ。パニック障害じゃなくても体調によって具合が悪くなることがあるし、絶対に乗り物で具合が悪くならないと断言できないから100%と言えないんです」
なるほど・・・・・。
「で、次回の予約はとりません。大丈夫ですか?」
「はい」
そして少々きつい口調でいくつかの注意。
①完璧を求めないこと(調子が悪くなってもOK、気にしない)
②パニック障害は再発しやすい(素因がある)という事を知っておくこと。
③パニックが起きる状況を出来るだけ回避すること。
  「閉じ込められようと思って電車に乗る人は居ないでしょ(笑)。そういう状況がきっかけにならないように寝不足とか体調に気をつけるってことですよ」
④危ないかもと思ったら薬を飲んでかまわない。
⑤とにかく挑戦を続ける!
「薬が無くなったら処方出来るし、辛ければ診察の予約も出来るので電話を下さいね」

という訳で、通院終了です!
卒業なのか休学なのかよくわからないけれど、まあ、無期休学ってことかな(^^)
なんにしても一区切り
再発しないように、これからも元気にゆる~く頑張ろうっと

ホーム  次のページ »

横須賀線

ねこ

いや~、まいった・・・・・
朝の出勤時に横須賀線が大混乱。よりによって連休明けだよ~。
喫茶店で朝食をとりながらガッツリ本を読もうと思って、1時間早く家を出たのに、
朝食どころか遅刻だもん。

私が乗っていたのは横須賀線ではなかったけれど、思い切り影響を受けた。
乗車時に既にギュウギュウ詰め。20分強走って、最後はトンネル内で30分ほど完全にストップ。
暑いし、押されて苦しいし、こういう時に限ってお腹が痛くなるしで、パニック発作が起こりかけた。
「ああ、どうしよう。助けて・・・!」
と口に出す寸前に次の駅に着いた。危機一髪助かった。

降りてからも気分が悪く、目的地よりも手前の駅だったので振替輸送で乗り換えなくてはならず、とても周りを見る余裕はなかったけれど、ダンナ曰く何人もホームにしゃがんでいたらしい。
「一年前なら私もそうなっていただろうなあ。今日はパニックの入口まで行っちゃった


5月17日、追記
あれ?? 記事の最後の数行が消えちゃってる。
「行っちゃった」の後、続きがあったんだけど、どうしちゃったのだろう・・・

ホーム  次のページ »

■ プロフィール

まろの

Author:まろの
職業:働く主婦
趣味:写真・散歩・自転車・阪神の応援
目下パニック障害封じ込め中

☆お散歩カメラ☆
  PENTAX K5-Ⅱ
   ♪ほとんど50mm一本勝負
  最近はスマホのカメラ多し

☆お散歩自転車☆
  BROMPUTON
  TREK 7.4FX
  DAHON SpeedP8(ママチャリ化)


ブログランキング・にほんブログ村へ

■ 最近のエントリ

■ アーカイブ

■ FC2カウンター

■ お世話になります

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

■ Photoscope

  banner


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。